リアルタイムチャート
NYダウ
業績の下方修正
投資判断
年初来高値
三角保ち合い
仕手株
eワラント
WTI原油先物
日経平均株価
移動平均線

三角保ち合いの上放れは買いなのか


チャートの形状でボックス圏や三角保ち合いからの上放れは買い判断とされていますが、実際に統計をとってみると面白いことが分かります。 確かに上値抵抗線からのブレイクアウトをすると上値は試すのですが、ローソク足のパターンから言えば必ずしも値幅はとれないのです。

チャートの保ち合いというのは定義が曖昧で、上値や下値の水準でぴったり株価が反転する確率は40%程度しかないのです。 たいていのパターンで誤差が生じるため、建て玉を持ってもロスカットになったり騙しにあったりしてサヤ取りは難しいです。